キャリアと対応力

大きい事務所であっても、小さな事務所であっても、相続税申告を依頼する際、依頼者の担当をしてくれる税理士はひとりか数人です。その担当の税理士によって、相続税申告にも影響を及ぼしてくる可能性がありますので、担当の税理士がどういう人であるかは大きなポイントとなります。資格、キャリア、対応力を確認しておくことが大切です

税理士は国家資格です。確実に相続税を申告及び納税するためにはその資格を有していつ担当者に依頼することが重要です。税理士事務所によっては、税理士よりもスタッフの方が多いことがあります。例えば、税理士を目指して勉強中の方がいることもあります。その方が担当になってしまうと、本当にうまくいくのかという不安の方が大きくなってしまいますから、税理士という資格を持っているかどうかの確認はしておきましょう

砂時計キャリアに関しても、税理士資格を持っていても、新人であったりすることがあります。知識はあっても、経験に乏しいと、相続税申告そのものがあやふやなことになってしまいますので、キャリアを確認しておくことが大切です。対応力は必要です。相談を申し込んだ際の対応スピードが速ければ信頼できます。なぜなら、相続税申告は被相続人の死後10ヶ月以内と申告が予め、決まっていますので、対応スピードが速くなければ期限内に手続きを終わらせることができなくなってしまいます。早く対応をしてくれる担当者を選ぶべきです。

相続税はいかに正確に申告するかですべてが変化してきます。信頼のおける税理士に依頼をすれば、心から安心することができます。


**関連記事**

  1. 相続税相談は税理士に
  2. 税理士をどう探すか
  3. 確認しておくこと

確認しておくこと

税理士へ相続相談をすると円滑に解決することが可能です。この税理士に依頼しようと決める前に確認しておくことがあります。まず、その税理士事務所を確認しておきましょう。規模、実績、費用、立地などがあります

多くの税理士は税理士事務所に所属しています。事務所の規模はまず、気にしないことです。規模が大きければ良いというわけではありません。こちらのニーズにどう対応してくれるかが大事なことであり、そのニーズにより、小さな事務所の方が良い場合もあります。実績に関しては、当然、実績はあった方が良いですし、頼りになります。相続税申告の叱責が豊富かどうかを確認しましょう。特に大切なことは自分と似た相続税申告の実績があるかどうかです。無料相談の際に確認しましょう。

電卓費用は充分に留意する必要があります。どれくらいの費用が発生するのかは重要です。費用の詳細を聞き、納得するようであれば、依頼しましょう。立地に関してはなるべく近隣である方が良いです、なぜなら、相続税申告は1回で終了するものではないからです。書類のやり通りや話し合いが何回も続くので、近隣の方が何かと利便性が高いからです。お互いの信頼性を深めるためにも近隣の税理士事務所を選ぶことをおすすめします。

このいくつかのポイントを抑えておけば、良い税理士に相談することが可能となります。


**関連記事**

  1. 相続税相談は税理士に
  2. 税理士をどう探すか
  3. キャリアと対応力