相続税相談は税理士に

相談突然、親が亡くなり、財産を相続しようとしたとき、どういう手続きを踏めば良いのか解らない方は多いと思われます。財産を相続するということはそんな簡単なことではありません。後々、相続税を支払わなければならなくなりません。そのときにきちんとした手続きを踏んでいなければ、後悔することになってしまいます。相続に不安や悩みを抱えるのであれば、税金のプロである税理士に相談しましょう。

相続税という問題は原則、税理士という国家資格を有している者に相談すべきです。相続税対策を行えば、相続税の支払い負担を下げられます。もちろん、相続税は遺産が多ければ多いほど、支払う額は高くなっていきます。そう考えると、なるべく税金に掛かってしまうお金を少なくしたいと考えてしまいます。そこで、税理士に相談すると的確なアドバイスをもらえます

例えば、贈与税の配偶者控除の活用は生前から行うことが可能です。この贈与税の配偶者控除という言葉も聞いたことがないし、存在を知らなかったという方も多いと思われますが、この制度を利用すると、相続税対策が事前にできるということになります。可能な限り、相続税を少なくしたいと考えている方は税理士に相談してみましょう。

もちろん、相続税申告を行ってくれます。ただ、依頼をする前に無料相談を行ってみましょう。コミュニケーションが取れて本当に信頼できるのか、本当に相続税に詳しいのかを確認した上で相続税申告を依頼しましょう。無料相談を何回も経験し、その中から信頼できる税理士を選ぶ方法もあります。


**関連記事**

  1. 税理士をどう探すか
  2. 確認しておくこと
  3. キャリアと対応力